歴史

門司赤煉瓦プレイス

ビール産業の歴史を語る複合エンターテイメント施設

門司赤煉瓦プレイス

基本情報

所在地 北九州市門司区大里本町3-6-1
TEL 093-382-1717
FAX 093-382-1566
WEB http://mojirenga.jp/

企業紹介

ビール産業の歴史を語る複合エンターテイメント施設

大正2年に帝国麦酒株式会社の麦酒工場として操業し、社名を変遷しながらも平成12年までサッポロビール九州工場として使用されていた貴重な煉瓦建物群を保存活用した資料館やレストラン等の複合施設です。
八幡製鐵所の鉱滓煉瓦を使った「門司麦酒煉瓦館」は現存する国内最古級の本格的鉄鉱滓煉瓦建築で、館内では当時のブランド「サクラビール」やビール産業の発達と地域との関わりが興味深く展示されています。国有形文化財登録物件。

見学情報

※緊急事態宣言の延長に伴い、9/30(木)まで休館します。

見学対象 制限なし
見学曜日と時間帯 毎日 9:00~17:00
(入館は16:30まで)
休:12/29〜1/3
所要時間 30~60分
見学予約の申し込み 受付不要・希望は随時受付。
ただし、団体は要予約
(門司麦酒煉瓦館入場料:
大人100円、中学生以下50円)
お問い合わせ TEL 093-372-0962
FAX 093-863-0665

アクセス情報

北九州市門司区大里本町3-6-1

製造

運輸

エネルギー

報道

食品

歴史

その他

小倉北区

小倉南区

八幡西区

八幡東区

戸畑区

若松区

門司区

その他