「2月23日」が「工場夜景の日」として登録されました!

 工場夜景を観光資源としてPRしている全国7大工場夜景都市(室蘭市、川崎市、富士市、四日市市、尼崎市、周南市、北九州市)で連携し、年1回、工場夜景サミットを開催しています。
 サミットに加えて工場夜景の素晴らしさを周知し、工場夜景ファンをはじめ、多くの方々に工場夜景を身近に感じて頂く取り組みの一環として、2月23日(第1回工場夜景サミット開催日)を「工場夜景の日」として、(一社)日本記念日協会に記念日申請し、正式に認定・登録されました。

※全国7大工場夜景都市とは

ここ数年「新たなスタイルの観光」として「工場の夜景を観賞すること」が 注目を浴びてきています。
平成23年2月23日、観光振興策として、他都市に先駆けて、工場夜景の活用に取り組んできた、室蘭市(北海道)、川崎市(神奈川県)、四日市市(三重県)、北九州市(福岡県)の4都市が連携して、工場夜景観光の魅力と可能性を探る「第1回全国工場夜景サミット」を川崎市にて開催。
4エリアによる「日本4大工場夜景」共同宣言が行われ、今後の連携と工場夜景観光の今後の広がりを誓いました。
その後、周南市(山口県)、尼崎市(兵庫県)、富士市(静岡県)が加わり、「全国7大工場夜景都市」となりました。